入力補完機能

現在のカーソル位置の左にある単語を補完します。

入力補完機能を使うための準備

補完候補となる単語は5通りの設定があり、それぞれ併用することもできます。
単語ファイル
タイプ別設定 『支援』プロパティで、単語を列挙したテキストファイルを設定します。

単語ファイル例:
Apple
Orange
Strawberry
株式会社サクラ商事
https://sakura-editor.github.io/

改行コードおよびタブ文字を除き、記号・全角文字などを含むすべての語句を単語として登録できます。
ただし、単語の区切りを含む場合には候補の表示に制限があるため注意が必要です。詳細は候補の補完動作を参照。
編集中のファイルから候補を探す
タイプ別設定 『支援』プロパティで、『編集中のファイルから候補を探す』の設定をOnにします。

候補は、ファイル内に含まれる単語から選出されますが、原則として記号は候補の単語には含まれません。これは候補の補完動作の仕様を考慮したものです。 (例外として半角'_'と全角'ヽヾゝゞ〃仝々〆〇ー'は候補単語に含まれる)
また、単語の区切りは文字種が変わるところですが、ひらがなだけは前の単語にひっついたものが候補単語になります。

編集中のファイル例:「補完候補が一つの場合は、補完候補は表示されずに、補完されます。
「補完」を入力して…
補完候補が
補完候補は
補完されます
強調キーワード
タイプ別設定のカラータブで指定された強調キーワードをもとに候補を探します。
プラグイン(タイプ別)
補完プラグインのタイプ別設定の中から1種類を選択して使用することができます。
プラグイン(共通設定)
共通補完プラグインを読み込むと、タイプ別設定にかかわらず有効になります。

補完候補を表示する

  1. [Ctrl]を押しながら[/]を押したり、[Ctrl]を押しながら[Space]を押します。
    入力補完が始まり、カーソル左側の単語を元に、補完候補が表示されます。
    このとき、キーワードヘルプの設定されている単語であれば、対応するヘルプ文字列が脇に表示されます。

    ヒント
  2. 候補が表示されているときのキー操作は以下の通りです。
    [↑]・[↓]・[Space]・[Shift]+[Space]・[クリック]:補完候補を選択します。
    [→]・[Enter]・[ダブルクリック]:選択した候補で補完します。
    [Esc]:補完せずに、補完を終了します。
    逐次入力補完は、現在廃止されています。

    ヒント
    補完確定キーは、共通設定 『支援』プロパティで選択することができます。

候補の補完動作

補完候補が表示されたところ