タイプ別設定 『カラー』プロパティ

『スクリーン』 『カラー』 『ウィンドウ』 『支援』 『正規表現キーワード』 『キーワードヘルプ』


<色指定>
色の設定を変更できます。
色分け/表示 … 色分けや表示をするかどうかを指定

太字 … 太字で表示するかどうかを指定

下線 … 下線付きで表示するかどうかを指定

[文字色]ボタン
色ボタン。押下すると、文字色(前景色)の変更が可能

[背景色]ボタン
色ボタン。押下すると、背景色の変更が可能

[文字色統一], [背景色統一]ボタン
押下すると文字色(背景色)統一ダイアログを表示
指定の文字色(背景色)を現在の文字色(背景色)と同じに変更する

リストのアイテムを直接触って変更することもできます。
ほかに、カーソル行アンダーライン(下線)、カーソル位置縦線、改行文字、ルーラー、行番号などの表示・非表示を切り替えられます。 詳細は色指定リストの解説を参照してください。

ヒント
カーソル位置縦線を表示することで、描画が遅く感じたり、画面のちらつきが発生する場合は、共通設定『全般』プロパティ画面キャッシュを使う設定を有効にしてください。

[インポート], [エクスポート]ボタン
色設定ファイルのインポート/エクスポートができます。
インポートは色設定ファイルを読み込み、現在の色設定に反映させます。
エクスポートは現在の色設定をファイルに書き出します。
エクスポートした色設定ファイルは、後でインポートしたいときに使います。

強調キーワード1
コンボボックスから、強調キーワードのセットを選択できます。
強調キーワードのセットは追加/削除/編集できます(共通設定 『強調キーワード』プロパティ)。

[強調キーワード2~10]ボタン
ボタンを押すと、ダイアログウィンドウが表示され、強調キーワード1から強調キーワード10までを選択することができます。選択後にOKを押すと、そのときの変更が「設定ウィンドウ」に適用されます。ただし、タイプ別設定 『カラー』プロパティのダイアログでOKを押さなければ、設定が適用されませんので注意してください。(sakura:1.5.1.0以降)

番号を飛ばして設定する(2、5だけ設定する等)と、強制的に詰めて設定されます。このとき、対応する色設定も同時に詰められます。

[共通設定]ボタン
共通設定『強調キーワード』をダイアログで表示します。

<コメントスタイル>
ある範囲をコメントとする範囲指定型の「ブロックコメント」と、行の中のある記号から後ろをコメントとする「行コメント」の2種類を設定できます。

ブロック型
「ブロックコメント」を認識する際の始点・終端記号をここに定義できます。
英大文字小文字の区別はしません。
イレギュラーな使い方としてC/C++で、#if 0~#endif を設定するとコメントアウトに利用できます。ただし複数の #endif の出現には対応できませんので注意して下さい。
    (例:C/C++の場合)    /*~*/
    (例:HTMLの場合)     <!--~-->

行型
「行コメント」を認識する際の始点記号をここに定義できます。
英大文字小文字の区別はしません。
COBOLやFORTRAN77等で、コメントの桁位置の指定が必要な場合は「桁」チェックボックスをチェックしその桁数(1-1000)を設定します。
    (例:C++の場合)        //
    (例:PL/SQLの場合)    --
    (例:COBOLの場合)    * 桁指定 7

<文字列エスケープ>
シングルクォーテーションやダブルクォーテーションで囲まれた文字(列)定数の範囲を認識させるために、文字(列)定数の中でシングルクォーテーションやダブルクォーテーションを表現する方式を選択します。
C言語風
"\""・・・ \" や \' のように引用符の前に\記号を付ける。sakura:2.1.0.0以降でC++11のrow stringに対応
PL/SQL風
""""・・・ "" や '' のように引用符を2回連続して書く
HTML/XML風 (sakura:2.1.0.0以降)
=""の中でのみエスケープを行う
C#風 (sakura:2.1.0.0以降)
@"string"形式の文字列に対応
Python風 (sakura:2.1.0.0以降)
"""string"""形式の文字列に対応
□行内のみ (sakura:2.1.0.0以降)
OFFにすると複数行にまたがる引用符の組を文字列として認識します
ONにすると行内の文字列のみを認識します。ただしrow stringや@"string"、"""string"""は認識します

□終了文字がない場合行末まで色分け (sakura:2.1.0.0以降)
ONにすると終了の引用符がなくても行末までを文字列と認識します

<縦線の桁指定>
桁固定の縦線を表示します。(sakura:1.5.9.0以降)
書式1: ステップ桁数(開始桁位置, 終了桁位置)
書式2: 任意の桁1, 任意の桁2, ~任意の桁n

「5(6,21)」と「6, 11, 16, 21」では同じ結果が得られます。

色指定リストの解説

テキスト
標準の文字色、背景色を設定します。

ルーラー
ルーラーの文字色、背景色を設定します。OFFにするとルーラー自体を表示しません。

カーソル(sakura:1.5.14.0以降)
IMEのOffのとき、「カーソル」で指定した色でカーソルが点滅します。
IMEのOnのとき、「カーソル(IME ON)」で指定した色でカーソルが点滅します。

カーソル行の背景色(sakura:2.0.6.0以降)
ONにするとカーソルがある行に背景色が付きます。

カーソル行アンダーライン
ONにするとカーソルがある行にアンダーラインが付きます。

カーソル位置縦線
ONにするとカーソルがある桁に縦線を表示します。
行番号(変更行)をONにすると、変更のあった行の行番号が指定された色、表示になります。

ノート線(sakura:2.2.0.0以降)
紙のノートのように各行の下に横線を表示します。

行番号
行番号の文字色、背景色を設定します。OFFにすると行番号を表示しません。

偶数行の背景色
偶数番目の行の背景色を設定します。

TAB記号
ONにするとTAB記号をタイプ別設定 『スクリーン』プロパティの指定で表示します。

半角空白
ONにすると半角スペースを「 」の代わりに「o」の下半分で指定した設定で表示します。

改行記号
ON/OFFは改行記号の矢印を表示するかしないかを決めます。

対括弧の強調表示
強調表示される括弧の種類は、「対括弧の検索」と同じです。カーソルの直後の括弧(なければ直前の括弧)と対応する括弧を強調表示します。
表示画面内で対括弧を見つけられなかった場合は、強調表示されません。

選択範囲(sakura:2.0.3.0以降)
OFFにすると、従来どおり反転色で選択範囲を表示します。
ONにすると、指定したスタイルで選択範囲を表示します。
文字色と背景色を同じ色にすると半透明選択になります。このとき太字と下線の設定は無視されます。

検索文字列
検索で該当した文字列の表示を設定します。
検索ダイアログで「単語単位で探す」にチェックを入れ、検索文字列にスペース区切りで複数の単語を入力すると、2つ目以降の単語が検索文字列2~5の指定で表示されます。 検索単語が6以上指定された場合は、再び検索文字列、検索文字列2、…、の指定で表示されます。(sakura:2.0.4.0以降)

コメント
色分けをONにすると<コメントスタイル>に合致した文字列を色分け表示します。

シングルクォーテーション、ダブルクォーテーション
色分けをONにするとシングルクォーテーション、ダブルクォーテーションで囲まれた文字列を色分け表示します。

ヒアドキュメント
色分けをONにすると、PHPやシェルスクリプトのヒアドキュメントを色分け表示します。
<<<に続く文字列で囲まれた範囲をヒアドキュメントと認識します。
例) 太字がヒアドキュメント
print <<< ROWSTRING
~~~
ROWSTRING
;

URL
色分けをOFFにすると、組み込みのダブルクリックによるURLジャンプ(クリッカブルURL)が無効になります。

強調キーワード1~10
<強調キーワード>で設定したキーワードを強調表示します。

正規表現キーワード1~10
タイプ別設定 『正規表現キーワード』プロパティで設定した正規表現で強調表示します。

DIFF差分(追加、変更、削除)
DIFFで変更になった行の行番号を指定したスタイルで表示します。この設定のON/OFFに関係なく行番号の左側の記号は表示されます。

ブックマーク
ブックマークに指定されている行の行番号を指定したスタイルで表示します。
OFFにすると、行番号の左隅に縦線がつくだけになります。


[設定フォルダ]
設定フォルダボタンは、ユーザー別設定を行っている場合のみ表示されます。